パーキンソン病 & ALS 遺伝子治療の臨床試験

パーキンソン病 & ALS 遺伝子治療の臨床試験
自治医科大などのチームがそれぞれ始める!


ヨミドクターより

運動障害などを引き起こす難病
「パーキンソン病」や、
全身の筋肉が衰える難病「筋 萎縮性側索硬化症(ALS)」
の患者に、

正常な遺伝子を投与する遺伝子治療の臨床試験(治験)を、
来年にも自治医科大などのチームがそれぞれ始めるという。

1回の治療で長期間、
症状改善や病気の進行を抑えられる可能性があり、
数年後の治療薬の実用化を目指している。

遺伝子治療は、
人工的に作った正常な遺伝子を患者の細胞に組み入れ、
病気を治療する。

遺伝子を細胞に送り込む「運び役」として、
安全性の高い医療用ウイルスなどが使われる。

有効な実現を期待!


★パーキンソン病ケアプログラム

■パーキンソン病のリハビリテーション
パーキンソン病は、薬物治療と並んで、リハビリテーションが重要です。
身体を動かすことは精神の機能を維持する上でも重要で、
運動機能を高めることにより
転倒などによる怪我を予防することもできます。
ご自分の身体の調子に合わせ、
できる範囲で継続して軽い運動を行うことを
おすすめします。
スポンサードリンク
posted by ももたろう at 23:38 | パーキンソン病
スポンサードリンク