パーキンソン病の進行抑制に成功

パーキンソン病の進行抑制に成功 大阪大
ヨミドクターより

神経細胞の減少を防ぐたんぱく質を使って、パーキンソン病の進行を抑えることに成功したと、
大阪大の望月秀樹教授(神経内科学)らの研究チームが発表。

動物実験による成果で、新しい治療法の開発につながる可能性があるという。

パーキンソン病は細胞内の小器官、ミトコンドリアが傷つくことで、脳の神経伝達物質「ドーパミン」を出す神経細胞の減少を引き起こし、手足の震えや歩行障害などの症状が出るという。

神経細胞の減少を防ぐことで知られるたんぱく質「ネクジン」が、
ミトコンドリアの働きを促進することを発見した。

パーキンソン病を発症させたマウスの脳にネクジンの遺伝子を導入する実験を実施したところ、
約90%の神経細胞が生き残り、症状の進行を抑制。
一方、導入しない場合、30〜40%しか生き残らず、症状が進行したと推定。

パーキンソン病の患者数は国内で約14万人とされ、
ドーパミンを補う薬物治療があるが、進行を抑えることはできない。

望月教授らは「数年内に臨床研究を目指す」としている。

☆望月秀樹 現在大阪大学教授 
順天堂大学医学部卒
神経内科・脳卒中科科長、遺伝子診療部部長、疼痛医療センター副センター長
経歴:
都立神経病院で勤務
米国NIH/NINDSに研究留学
現大阪大学医学部付属病院 神経内科・脳卒中科 診療科長 
・資格
医学博士、認定内科医、神経内科専門医、臨床遺伝専門医、認知症専門医、
・役職
日本神経学会理事
日本神経治療学会理事、日本遺伝子治療学会評議員、日本再生医療学会評議員、MDSJ役員
日本難病医療情報ネットワーク研究会世話人


★パーキンソン病ケアプログラム


■パーキンソン病のリハビリテーション
パーキンソン病は、薬物治療と並んで、リハビリテーションが重要です。
身体を動かすことは精神の機能を維持する上でも重要で、運動機能を高めることにより
転倒などによる怪我を予防することもできます。 ご自分の身体の調子に合わせ、
できる範囲で継続して軽い運動を行うことをおすすめします。
タグ:神経難病
スポンサードリンク
posted by ももたろう at 11:44 | パーキンソン病
スポンサードリンク