パーキンソン病、脳卒中、脳血管障害、神経変性疾患、痴呆性疾患

福島県立医科大学附属病院

〒960-1295
福島県福島市光が丘1番地
TEL:024-547-1111(代表)
・病院長  齋藤 清

http://www.fmu.ac.jp/byoin/index.php
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎紹介による事前予約の方法
地域の診療所・病院より当院の地域連携担当
(FAX024−547−1075)に事前診察申込書を
お送りいただき、予め診察日時の予約をお取りください。
※患者さんからの直接予約の申し込みは受け付けておりません。

■紹介患者事前診察予約の流れ

@患者さんが紹介元医療機関を受診する。
A紹介元医療機関から地域連携受付窓口担当に電話または
FAXで患者紹介申込みの連絡が入る。
B地域連携受付窓口担当は、紹介元医療機関に「事前診察申込書」
の様式をFAX送信する。
C地域連携受付窓口担当は、紹介元医療機関から「事前診察申込書」
をFAX受信する。
D地域連携受付窓口担当は、
医大の受診歴があるかどうか医事部門システムで確認し、
受診歴がない場合は新規患者登録(電子カルテ患者IDの取得)を行う。
E地域連携受付窓口担当は診療予約を取得し、
「診療予約回答書」および「外来受診のご案内」
を紹介元医療機関へFAX送信する。
F患者さんは紹介元医療機関から「診療予約回答書」、
「外来受診のご案内」および「診療情報提供書」
等を受取る。
G地域連携受付窓口担当は「事前診察申込書」の内容を確認し、
医事部門システムに患者情報登録を行う。
H地域連携受付窓口担当は、
紹介患者情報を電子カルテシステムの病病・病診連携画面に入力する。
※紹介状なし:医科:5400円 歯科:3240円

◎外来受付時間 ◎外来診療開始時間
午前8時15分〜午前11時 午前8時45分〜
◎休診日
土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12/29〜1/3)
ただし、急患の場合は救命救急センター受付
(電話024-547-1262)へ連絡をしてください。

【診療科のご案内】
循環器内科、血液内科、消化器内科、リウマチ・膠原病内科、
腎臓・高血圧内科、
糖尿病・内分泌代謝内科、神経内科、呼吸器内科、
呼吸器外科、消化管外科、
肝胆膵・移植外科、乳腺・内分泌・甲状腺外科、小児外科、
脳神経外科、整形外科、
心臓血管外科、形成外科、産科、婦人科、小児科、眼科、皮膚科、
泌尿器科・副腎内分泌外科、
耳鼻咽喉科・頭頸部外科、心身医療科、放射線科、
麻酔・疼痛緩和科、
病理診断科、
歯科口腔外科、救急科

◇神経内科
http://www.fmu.ac.jp/byoin/new/sinryoka/shinkei.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎当科においては超急性期の脳血管障害をはじめ、
神経変性疾患、痴呆性疾患、
炎症性疾患などの神経内科固有の疾患だけでなく、
内科疾患に伴う神経症状や眼科、耳鼻科、脳神経外科、
整形外科領域に関連して神経症状を呈する
患者様を多数御紹介頂いております。

・痴呆性疾患、各種頭痛、パーキンソン病、脳卒中等への
迅速な診療を行います。
当科では論文・学会等から得られた成果を日常診療へ
反映させるとともに、特殊な病態については研究室で
独自の解析を基に診断・評価・治療を行っています。

スタッフ

宇川義一 教授
東京大学医学部医学科卒
1987年 ロンドン留学
臨床神経学一般、臨床神経生理、
錐体外路疾患、
不随意運動、磁気刺激治療

杉浦嘉泰  准教授
臨床神経学一般、イオンチャネル病、
変性疾患、てんかん

榎本博之  准教授
臨床神経学一般、臨床神経生理、錐体外路疾患、
不随意運動、磁気刺激治療

小林俊輔  講師
臨床神経学一般

熊谷智広  講師
臨床神経学一般、脳血管障害、
炎症性神経疾患

榎本 雪  助教
臨床神経学一般、臨床神経生理、
錐体外路疾患、
不随意運動、磁気刺激治療

松田 希  助教
臨床神経学一般、末梢神経・筋疾患、
てんかん、めまい

村上丈伸 助教
臨床神経学一般

伊藤英一   助手
臨床神経学一般、電気診断、
末梢神経・筋疾患

ほか多数

◇交通アクセス

@JR 福島駅東口バスターミナル福島交通バス
「バイパス経由医大」行き乗車・「医科大学病院前」下車
(所要時間約35分)
A福島西IC から車で約20分、二本松IC から車で約20分
スポンサードリンク
posted by ももたろう at 09:28 | 神経内科

パーキンソン病 & ALS 遺伝子治療の臨床試験

パーキンソン病 & ALS 遺伝子治療の臨床試験
自治医科大などのチームがそれぞれ始める!


ヨミドクターより

運動障害などを引き起こす難病
「パーキンソン病」や、
全身の筋肉が衰える難病「筋 萎縮性側索硬化症(ALS)」
の患者に、

正常な遺伝子を投与する遺伝子治療の臨床試験(治験)を、
来年にも自治医科大などのチームがそれぞれ始めるという。

1回の治療で長期間、
症状改善や病気の進行を抑えられる可能性があり、
数年後の治療薬の実用化を目指している。

遺伝子治療は、
人工的に作った正常な遺伝子を患者の細胞に組み入れ、
病気を治療する。

遺伝子を細胞に送り込む「運び役」として、
安全性の高い医療用ウイルスなどが使われる。

有効な実現を期待!


★パーキンソン病ケアプログラム

■パーキンソン病のリハビリテーション
パーキンソン病は、薬物治療と並んで、リハビリテーションが重要です。
身体を動かすことは精神の機能を維持する上でも重要で、
運動機能を高めることにより
転倒などによる怪我を予防することもできます。
ご自分の身体の調子に合わせ、
できる範囲で継続して軽い運動を行うことを
おすすめします。
スポンサードリンク
posted by ももたろう at 23:38 | パーキンソン病

パーキンソン病、黒質、神経内科 下田 勝 院長

下田神経内科クリニック

〒680-0045 
鳥取市大工町頭33番地 
TEL 0857−32−7020 FAX 0857−32−7021
・院長 下田 勝

https://www.shimoda-clinic.com/parkinson/
( ※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受付・診療時間
9:00〜12:30/
15:00〜18:00
・休診日
水曜の午後・土曜の午後
日曜・祝日

◎当クリニックの診察は『予約優先』です。

◆診療科
神経内科・内科

◎対象疾患
脳梗塞などの脳卒中
頭痛
認知症
パーキンソン病
脊髄小脳変性症
筋萎縮性側索硬化症などの神経難病
重症筋無力症
筋炎
末梢神経障害
顔面神経麻
痺片側顔面けいれん
痙性斜頸
眼瞼けいれん
など

・パーキンソン病は、
適切な治療とリハビリテーションを行えば、
健康人と変わらない生活を送ることができます。

☆下田 勝  院長
鳥取大学医学部卒
医学博士取得後、およそ13年にわたり、
国立浜田病院(現;浜田医療センター)、
鳥取赤十字病院において内科、神経内科全般、
とくに脳卒中急性期医療、パーキンソン病などの
神経変性疾患、頭痛、認知症などの診療に携わる。

・専門とする疾患など
頭痛、認知症、めまい、しびれ、
ふるえ、てんかん …など

・資格
日本神経学会 認定神経内科専門医
日本神経学会 指導医
日本内科学会 認定内科医
日本頭痛学会 専門医

◇交通アクセス
最寄バス停
鳥取市循環バス「くる梨」赤コース:
御弓町、上町下車2分


★パーキンソン病ケアプログラム


スポンサードリンク
posted by ももたろう at 11:38 | パーキンソン病

パーキンソン病、深部脳刺激、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、認知症

京都大学医学部附属病院 

〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町54 
TEL 075-751-3111(代表)
・病院長 稲垣暢也
 http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)
等を持参していただくこととしています。
ついては、紹介状を持参していない患者さんには、
本院が定める金額(5,400円)を
支払っていただくこととしています。
なお、この5,400円に保険は適用されません。

≪消化器内科の「初診完全予約制」の開始について≫
・本院消化器内科における外来診療では、
患者数増加に伴う混雑のため予約診療がスムーズに進まないことから、
平成28年3月1日より、
初診外来患者さんの診療については「完全予約制」といたします。
本院では、初診時の予約は、
患者さんから直接お申込みいただくことはできないこととなっています。
ついては、初めて本院消化器内科の受診を希望される場合は、
かかりつけ医等の医療機関にご相談の上、
医療機関から地域医療連携室あてに「患者登録票 (医療機関専用) 」
及び「紹介状」をFAX送信いただき、予約をお取りください。

●診療受付時間
東構内診療科:午前8時15分〜午前11時まで
西構内診療科:午前8時30分〜午前11時まで
<診療開始時間>
午前9時00分〜

●休診日
土曜日、日曜日、祝祭日 年始年末(12月29日〜1月3日) 
京都大学創立記念日(6月18日)

◇必要なもの:
●保険証 ・初めて受診される方
・毎月初めての受診日
・期間更新など保険証に変更があった場合は保険証等の資格確認を行ないますので、
必ず総合受付にお出し下さい。
※保険証のない方、または持参されていない方は自費扱いとなります。

◆診療科
内科
血液・腫瘍内科
糖尿病・内分泌・栄養内科
循環器内科
消化器内科
呼吸器内科
呼吸管理睡眠時無呼吸
免疫・膠原病内科
初期診療・救急科
神経内科
てんかん・運動異常
腎臓内科
がん薬物治療科
緩和医療科

外科
消化管外科
乳腺外科
肝胆膵・移植外科
眼科
産科婦人科
小児科
皮膚科
泌尿器科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
整形外科
精神科神経科
歯科口腔外科
放射線科
麻酔科
脳神経外科
形成外科
心臓血管外科
呼吸器外科
リハビリテーション科
病理診断科
外来がん診療部
リウマチセンター
女性のこころとからだの相談室

◇神経内科
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/department/clinical/neurology.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・神経内科全領域の疾患:
神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)、
認知症(アルツハイマー病など)、
てんかん、脳血管障害、頭痛、感染症、脱髄性疾患(多発性硬化症など)、
末梢神経疾患、筋疾患などです。
きめ細やかな診察に基づき、最新の画像診断と電気生理学的検査などを加え、
安全かつ高度な医療を提供しております。

スタッフ

高橋良輔  教授 科長
京都大学医学部卒
1995年11月米国カリフォルニア州ラホヤのバーナム研究所 
Dr. John Reedの研究室・博士研究員(1997年10月まで)
・専門
パーキンソン病およびその類縁疾患
(神経変性疾患、
特にALSとパーキンソン病の分子機構の解明と新規治療法開発)
・資格
日本内科学会指導医、日本神経学会専門医
日本神経学会指導医
Member of Editorial Board, Movement Disorders,
Jarnal of Neural Transmission

山門穂高  助教  外来副医長
京都大学医学部卒
2015年7月カリフォルニア大学サンディエゴ校留学
・専門
パーキンソン病およびその類縁疾患
・資格
日本内科学会認定内科医、日本内科学会指導医
日本神経学会専門医、日本神経学会指導医

樽野陽亮  助教
香川大学医学部卒
・専門
パーキンソン病及びその類縁疾患
・資格
日本内科学会認定内科医、日本神経学会神経内科専門医
日本認知症学会認知症専門医、同指導医
日本医師会認定産業医、日本救急医学会 
ICLSインストラクター

澤本伸克  医師
京都大学医学部卒
・専門
パーキンソン 深部脳刺激

ほか多数

◇交通アクセス
※詳細は下記リンク先にてご確認ください。
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/access/access01.html
・「京都駅」:JR・近鉄・地下鉄
市バス206(D2 乗り場):
東山通 北大路バスターミナル(30分) 熊野神社前下車(徒歩5分)


★パーキンソン病ケアプログラム

スポンサードリンク
posted by ももたろう at 11:51 | パーキンソン病

ミオパチー、DBS(電気刺激や磁気刺激)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病、

国立京都医療センター

〒612-8555 
京都市伏見区深草向畑町1-1
TEL 075-641-9161(代表) FAX 075-643-4325
・院長 小西 郁生

http://www.hosp.go.jp/~kyotolan/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

※初診時にかかりつけ医等、他の保健医療機関からの紹介によらず直接ご来院された場合は、
通常の診療費の他に初診時特定療養費として
5,400円(消費税込・保険外)が必要になります。
はじめて京都医療センターを受診する際には、紹介状(診療情報提供書)をお持ち下さい。

・保険証の確認:
保険証は、毎月、最初の来院日の診察終了後、料金計算窓口にお出しください。
保険証の内容(氏名、住所、勤務先、記号番号)が変更になった場合、
その旨を料金計算窓口に申し出てください。

・初診
8:30〜10:30

・予約外再診
8:00〜10:30

・休診日
土曜日・日曜日・祝祭日、年末年始(12月29日〜1月3日)

◆診療科
総合内科 
神経内科 
血液内科 
腎臓内科 
腫瘍内科 
消化器科 
呼吸器科 
循環器内科 
糖尿病センター 
内分泌・代謝内科 
小児科 
外 科 
整形外科 
形成外科 
脳神経外科 
血管外科
心臓外科
皮膚科 
泌尿器科 
産科・婦人科 
眼 科 
精神科 
耳鼻咽喉科
頭頸部外科 
歯科口腔外科
小児歯科 
放射線科 
麻酔科
リハビリテーション科
フットセンター外来 
病理診断科
緩和ケア科

◇専門外来
禁煙外来  
フットセンター外来 
メタボリック外来 
1型糖尿病外来
セカンドオピニオン外来 
遺伝カウンセリング外来 
高血圧外来 
神経内科・音楽療法外来 

◇神経内科
http://www.hosp.go.jp/~kyotolan/html/guide/medicalinfo/neurology/main.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・診療
脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)、認知症(アルツハイマー病など)、
パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの数多の神経難病、
多発性硬化症、重症筋無力症などの免疫神経疾患、脳炎、
髄膜炎など神経感染症、頭痛、てんかんなどの発作性疾患、
ギランバレー症候群、種々のニューロパチーなどの末梢神経疾患、
筋炎、筋ジストロフィーなどの筋疾患など

・症状
頭痛やめまい、手足のしびれ、脱力、ふるえ、ふらつき、物忘れなど

※若年性認知症を対象に外来で音楽療法を行っています。

スタッフ

☆中村道三(なかむら みちかず)神経内科医長
京都大学医学部卒
・専門
ミトコンドリア症、ミオパチー、認知症
・資格など
日本神経学会 神経内科専門医・指導医、日本内科学会認定内科医、
日本神経学会近畿地方会評議員


☆大谷 良(おおたに りょう)神経内科医長
大阪医科大学卒
・専門
脳血管障害、神経病理学、認知症
・資格など
日本神経学会神経内科専門医・指導医、
日本脳卒中学会脳卒中専門医・評議員
日本認知症学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医


☆村瀬永子(むらせ ながこ) 医長
京都大学医学部卒
・専門
電気生理学診断学(末梢および中枢)、
運動異常症の経頭蓋磁気刺激やボツリヌス注射を使った治療、
深部脳刺激(DBS)のターゲッティングおよび刺激装置の調節
・資格など
日本神経学会 神経内科専門医・指導医、日本臨床神経学会認定医(脳波、
筋電図、神経伝導検査)日本内科学会認定内科医


☆斉ノ内 信(さいのうち まこと) 専修医
三重大学医学部卒
・専門
神経内科
・資格
日本内科学会 認定内科医

ほか多数

◇交通アクセス
•京阪電車ご利用の場合
京阪電鉄「藤森駅」下車徒歩8分

•近鉄電車ご利用の場合
JR東海道新幹線または東海道本線「京都駅」下車、近鉄電車に乗り換え、
「丹波橋駅」で京阪電車に乗り換え、「藤森駅」下車徒歩8分

•JRご利用の場合
京都駅からJR奈良線「藤森駅」下車徒歩12分
京都駅からJR奈良線「東福寺」下車、京阪電車に乗り換え、「藤森駅」下車徒歩8分

•車⇒名神高速道路の京都南インターから7分
スポンサードリンク
posted by ももたろう at 08:48 | パーキンソン病
スポンサードリンク